障がい支援者養成(支援者募集)

支援者募集

アクセシビリティ支援室では、障がいのある学生をサポートする「支援学生」を募集しています。同じ大学で学ぶ仲間として、是非皆さんのお力を貸してください!週1日、1コマからでも結構です。みなさんのご応募を心よりお待ちしています!

※事前に研修や利用学生(障がい学生)との顔合わせを行います。研修時間・時期はそれぞれ異なります。
(なお日程等の都合により、応募頂いても支援業務に入っていただけない場合もありますことを、ご了承ください)。

ご不明な点は、アクセシビリティ支援室までお問い合わせください。 すでに登録済みの方>>支援登録システム

ノートテイク・パソコンテイク

【場所】主に豊中キャンパス
【時給】1,200円
聴覚障がいのある学生に対する支援を行います。障がい学生の耳の代わりとなって、講義内容をはじめとする授業中の音情報を文字に書き起こして伝えます。紙に手書きで行うノートテイクと、パソコンの画面を介して伝えるパソコンテイクがあり、基本的に1名の利用学生(障がい学生)に対し二人一組でノートテイクを行います。授業だけでなく、学内外の講演会や説明会等にてパソコンテイクを行うこともあります。
※初めての方は3時間以上の研修会への参加が必要です。学期が始まる2~3週間前に養成講座を行います。詳しくは学内掲示やKOANを参考にお問い合わせください。

介助支援

【場所】吹田キャンパス
【時給】950円
身体に障がいがある学生が授業を受講するための支援を行います。
筆記や教科書等のページめくりが困難な学生の代わりに、板書内容や講義の要点をノートやパソコンでの代筆。
かばんからノートや教科書を出したり、教科書・資料等のページめくり。
机の配置を整える等。

利用学生によって介助支援の内容がかわってきます。

研究補助

【場所】吹田キャンパス
【時給】1200円
視覚に障害のある学生が研究活動を行う際の支援を行います。図書館等で文献資料を探して概要を伝えたり、資料のPDF化、テキストデータ化、発表資料作成等を行います。

発達障がい/精神障がい学生へのサポート

【場所】豊中/吹田/箕面 キャンパス
【時給】1,200円
自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如多動症(ADHD)、特異的学習症(SLD)などの発達障がいある学生、あるいは、不安障がい、パニック障がい、鬱病などの精神障がいのある学生に対する支援を行います。授業の内容が理解しづらい、レポートの書き方がわからないといった修学上の相談に個別に対応します。日々の困りごとを聞き、アクセシビリティ支援室のコーディネーターに伝えることも必要に応じて行います。
※初めての方は、養成研修への参加が必要となります。