慢性腎臓病の予測因子の同定

(1)研究期間

2016年6月~2020年12月

(2)研究代表者・所属・身分

守山俊樹 大阪大学キャンパスライフ健康支援センター長および大阪大学大学院医学系研究科身体健康制御医学・教授

(3)目的及び意義

 現在日本では30万人を超えるの慢性透析患者が存在しており、透析関連医療費は総医療費33兆円のうち約4%に相当する1兆3000億円と推定されている。維持透析患者数は近年では毎年約1万人ずつ増加している事から、透析医療費は毎年450億円ずつ増加していると考えられており、高騰する医療費の一因である。慢性腎臓病の患 者のQOLの向上のみならず、医療費抑制のためにも、慢性腎臓病のスクリーニング及び慢性腎臓病の進行を抑制する治療戦略の確立が急務である。本研究は、大阪大学職員の職員健診のデータを利用した、慢性腎臓病の発症・進行の予測因子の同定及び予測能の評価を目的とした後ろ向き的コホート研究である。血液検査、尿検査、 生活習慣に関するアンケート結果と尿蛋白の出現やeGFR の低下等の慢性腎臓病関連因子との関連性を評価する事によって、一般住民における慢性腎臓病対策に関する重要な知見が得られると推測される。

(4)研究対象者

2004年度~2015年度に大阪大学キャンパスライフ健康支援センター保健管理部門において職員健診を受診した大阪大学職員

(5)研究対象項目

職員健診において実施された血液検査、尿検査、理学所見(身長、体重、血圧等)、生活習慣に関するアンケート等の全測定項目

(6)研究実施場所

個人情報が削除され、連結可能匿名化された研究対象項目データが、下記施設の研究分担者に提供され、統計解析が行われる。
大阪大学キャンパスライフ健康支援センター保健管理部門
大阪大学大学院医学系研究科身体健康制御医学
大阪大学大学院医学系研究科腎臓内科学
医療法人良秀会藤井病院

(7)問い合わせ先

本研究の詳細情報の提供を希望される方、あるいは本研究の研究対象からの除外を希望される方は、下記までご連絡下さい。

<本研究の事務局>
山本陵平・大阪大学キャンパスライフ健康支援センター保健管理部門・講師
E-mail: yamamoto-r[at]wellness.osaka-u.ac.jp ※[at]は@に書き換えてください。